旅・お泊り♪

2017年9月25日 (月)

古楽祭の前に♪

 古楽祭の前に。

夕方までに原村に行けばいいので、ゆっくり昼過ぎに出発し、高速走りながらどこで時間つぶそうか~と相談。

とりあえず清里でソフトクリームでも食べようか~♪と長坂のインターを降りた時、ふと何かで最近見付けたターシャ・テューダーミュージアムのことを思い出し、行くことにしました。

よく行く八ヶ岳倶楽部のすぐ近く、1本ずれた別荘地の中にありました。

第1印象は、フツーの家・・・^^;。 

庭は・・・夏の終わりでちょっと荒れ気味^^?

どうなのかしら???とちょっと躊躇したけど入ってみました。

そしたら、中には上品なおばさまがいらして、コーギーコテージやターシャのことなどを話しながら展示物の説明を丁寧にしてくださいました。

聞けば、ターシャの絵本の翻訳をされたりしてターシャ本人ともご家族とも親交のある食野さんという方

どうりで詳しくお話しくださるわけです♪

展示には以前TVで見た人形の書いた手紙としての小さな手紙や、クリスマスのだったかしら?カードや人形の洋服?のオーダーできる小さなカタログなんかもあって心が躍りました

それからターシャが息子さんに作ってもらって気に入っていた、見た目は全然座り心地よさそうには見えない椅子^^;と同じものもそのセスさんに作ってもらって置いてありました。

‘どうぞ座ってみて’と勧めてくださるので座ってみたら、、、

あらまぁ♪座る位置が低く、背中あたりもいい感じ^^♪

ちょうど数日前のターシャのひ孫さんのTV番組でも出てきたお人形さんの椅子とも同じデザインだから、‘この形の椅子、特徴的ですね^^’と言ったら、この椅子が誕生することになった流れを話してくださり、背当ての部分真ん中の細い板がデザインでそうしたのではなく出来上がり上できてしまった^^?という、私の中の‘これ、デザインなの?’という???が解消できました。

コーギーコテージの家の間取りのところではキッチンの話も聞けましたし(冷蔵庫もあった!)、暖炉のことも、、、TVや本で見て‘どんな生活してるの?’と疑問に思っていたこと、いろいろお話が聞けて、とってもよかったです^^。

展示物は少しだけど、でもターシャの思いの深いものが凝縮してあるって感じだし、デパートの企画展にも出ていなかったものもあるし、何と言っても食野さんのお話でターシャがとっても近く感じられました。

また行きたいなぁ♪と思います

 ミュージアムの近く、黄色に薄く色づき始めた林があって、それが雨の中幻想的で、ターシャの世界から出てきたばかりだったのでなおさらのことバーモントの景色に見えました。

芸術の秋♪ 

 先々週末になってしまいましたが、原村の古楽祭に行ってきました。

古楽祭は前夜祭も合わせると4日間。

Img_2524
日曜開催のメインのコンサートは土曜の朝にホームページを見たらチケット完売になっていたので、土曜日のミニコンサート的なライブを鑑賞することにしてすぐに予約の電話をして出掛けました。

Img_2516
 会場は森の中の教会。

夜19時半開演。

Google mapで見ながら車を進めるのだけど、森の中の道はほんとに真っ暗

時々ポツン、ポツンと明かりのついた別荘はあるけど基本真っ暗

ほんとにこの先に教会あるのよね???と不安になってるほど真っ暗な森のその先に、ようやくほんのり灯りのついた教会見付けました

木造のステキな教会、小さなパイプオルガンもありました。

Img_2518会場にはきれいなブルーのチェンバロ

せっかくなので、一番前の席に

 古楽というと、パイプオルガン、チェンバロ、ヴァイオリン、ヴィオラ・ダ・ガンバくらいしか浮かばなかったけれど、フルートやホイッスル、リュート、バグパイプなんかもそうらしいです。

ヴィオラ・ダ・ガンバは、昨年、大学のチャペルでのクリスマスコンサートで出会ったのが初めてでしたが、その時のイメージとは違って、音域に幅があるのかな?深い音色にすっかり魅了されてしまいました。

小さな会場、一番前での鑑賞、奏者の鼻息すら聞こえるほどでしたが、音色が深く素晴らしく、間近で見える弓さばき?にも見入ってしまいました。

 当初、夕方からのそのコンサートを聴いたらそのまま帰って来ようと話していましたが、台風が来るとのことで、もしかしたら夜にはすごい雨になったりして、、、そしたら夜で強雨の高速はちょっと怖いかもね・・・ということで、当日でしたが泊まることにしました。

 せっかく泊ったので、翌日午前中も何かイベントあるなら見てみようということで、当日の会場に行きました。

プログラムでは、一般?の人たちの演奏になっていましたが、なんと希望者がいなく^^;(翌日の会場が教会になってる方に希望者殺到だったらしい・・・)、でも、聴く側としてはラッキーなことにたまたまいらしていた?プロのヴィオラ・ダ・ガンバの奏者の方のミニミニコンサートとなりました。

前夜、ガンバにすっかり魅了されていたので、ラッキー~♪

マレとテレマンの曲をたっぷり聴かせていただき、大満足でした

続きを読む "芸術の秋♪ " »

2017年8月19日 (土)

涼を求めて♪♪♪♪

Dscn0020

 3日目朝は5時頃起床。

パン、チーズ、ソーセージ、コーンクリームスープ、プチトマト、コーヒーで朝食済ませて後片付け開始。

シュラフを丸めてシートを小さくして、テント内のものをザックにギュウギュウに詰め込んで、朝露でぬれたテントを拭きながらしまいます。

7時過ぎに撤収完了。

3日前に雨の中を下ってきた長~い階段、テント場から見れば心臓破りの階段に見える・・・

ウォーミングアップなしにいきなりのあの階段はイヤだねと主人とも意見が合い、多少時間かかってもお花畑コースで帰ろう♪となりました。

室堂までの半分は前日と同じコース。

Dscn0019_2

食料や水ものなど消費したから軽くなっているとは言え‘重いわ~’と思いながら歩きます。

Dscn0033
途中振り返ると、あの長~い階段を上る人下る人が小さ~く見えます。

Dscn0025
                 ↓ツラソウ・・・
Dscn0028
こちらのコースは途中で雪渓から溶け出してきた冷たい水の流れる小さな沢があって、ほてった顔や腕を濡らしたり、小休憩しながら^^。

Dscn0029_2キャンプ場から1時間半ほどで室堂に到着。

室堂も立山駅もやってくる人がそろそろ増えてきて賑わっていました。

Dscn0034
 笠ヶ岳→薬師岳→立山、と最後に出てきた立山プランだったけど結果オーライ♪

キャンプ場はロケーションばっちりだったし、温泉は入れるし、山歩きコースはいくつも選べるし、お花畑も満天の星空もステキだったし、行ってよかった~♪な夏休みでした。

それに、何と言っても涼しかったし

 次回はキャンプ場からまっすぐ登って剱御前小舎通って剱岳に近づいてみたいです。

高所恐怖症なので剱岳には一生登れないし、登りたいとも思っていません

近くで見れたらそれで満足^^。

いつ行けるかなぁ。。。

***

続きを読む "涼を求めて♪♪♪♪" »

涼を求めて ♪♪♪

 翌朝4時頃に目が覚めたのに、朝ごはん作って食べて身支度整えて山歩きに出発できたのは6時半でした

キャンプ場から川を渡ってお花畑がスタート♪

↓分かりにくいけどお花畑の中の道

Dscn9959

お花畑は7月というイメージだったけど8月中旬でもお花畑~

Dscn0016_3

Dscn0012_2

チングルマやイワカガミ♪

浄土山や目指す雄山も見えていい景色です~

いきなりテンション

Dscn9964
振り返ればキャンプ場が小さく、みくりが池やその向こうに大日岳も見えます。

いいねぇ~

Dscn9963

その後、小さな雪渓を横切ったりしながら、岩ゴロゴロのコースをさらに登って一の越山荘。ここまで1時間半くらい。

一の越山荘には室堂からの日帰りの人も大勢いて賑やかです~。

韓国からのツアーが目立ってました。

ちょっと休憩して、さらに岩ゴロゴロコースを登って雄山神社峰本社前、雄山到着。

Dscn9967遠くに槍ヶ岳も見えました~♪
Dscn9975
でも、ここも人が多すぎるのでお参りしたら早々に次の大汝山へ。

ここまで来るとぐっと休憩の人が少なくなったので大休憩♪

来る前に焼いてきたブルーベリーのラベンダーケーキと、数日前にもらったハワイのお土産ホノルルクッキーで栄養補給

Dscn9981

しばらくゆっくりした後また歩きます。

真砂岳への下りの岩場はちょっと渋滞

でもその合間に下に目をやると、ずっと下遠くにテントサイトが~^^♪

Dscn9983


その後、分岐。

真砂岳、別山行って剱御前小舎から下る+3時間コースか、真砂岳手前で下るか、、、

手前で下りました~

ムリはしない^^。

雪渓のすぐそばのコース、ここもやっぱりチングルマなどの高山植物のお花畑コース

Dscn0001

時間もお昼前だったので、途中で休憩しながらのんびりゆっくり下りました

Dscn9985Dscn9987Dscn9990Dscn9979
6.6k、6時間半の山歩きでした。 満足、満足

午後は昼食にパスタを作って(お湯に入れて煮るだけのインスタント^^)、山を見ながら食べて、片付けた後はちょっとお昼寝して、また温泉へ行ってゆっくり過ごしました





2017年8月18日 (金)

涼を求めて ♪♪

 2日目、朝から雨・・・

山の天気予報も午前中は全然ダメ。

雨が上がるのを待って登るのは遅いかもしれないし、、、ということで、今回の山は立山に決定。

立山のケーブルカーの駅に着いたときは土砂降り

仕方ないので車の中で1時間ほど待機。

雨雲レーダー見ながら、小降りになったのを見計らって、合羽を着てザックを背負って駅に向かいました。

盆休み真っ只中と言えどあいにくのお天気なのでお客さん少なく、すぐにケーブルカーに乗れてラッキー♪

美女平でもすぐに臨時バスが出ました。

さくさく室堂までは到着できましたが、う~ん、お天気は雨

観光の人はもちろん、縦走するであろう大きなザックの人も足止め食らってあふれんばかり。

私たちも目的のキャンプ場は1時間ほどだから焦ることはないので待機。

ちょうどホテルの喫茶室がオープンしたところだったので、そちらに移動してコーヒー飲んで待ちました。

1時間ほどして小降りになってきて、ようやく出発。

雨なので、みくりが池も地獄谷もチラ見だけで通過。

長~い階段下って40分弱でキャンプ場に到着できました。

その頃にはほとんど雨も上がっていたので、端っこの空いてるところを見付けてテント張り。

受付済ませて、いきなりお昼作るのは面倒だったので、すぐそばの山荘で中華丼を^^。

午後はまた雨が降ったりやんだり・・・。

それで、すぐそばの山荘、ヒュッテは温泉で日帰りOKなので私は温泉に2時間近く

主人も温泉には行きましたが、そんなに長居はせずテントに戻ってお昼寝していたようです^^。

と、何をすることもなく午後は過ごして6時頃にお夕飯。

夕飯の片付けが終わったころには雨もすっかり上がり空が明るくなってきたので、近くを散歩できました。

↓こんなに青空がのぞきました♪Dscn9911

川の向こうはお花畑♪

Dscn9927


Dscn9928


Dscn9921
だんだん日も暮れて・・・
Dscn9933_2

Dscn9936_2
その後はシュラフに入ってウツラウツラ

‘おぉ~ッ!!!’という歓声で主人も私も目が覚め^^;、外に出てみたら満天の星

天の川も見えるほど!!!

これ見たかったんだ~!!!

↓明るいのは室堂のホテル。

Dscn9948

ほとんどあきらめていたことだったので嬉しさ倍増

しばらく眺めている間に流れ星をいくつ見れたことか

いつまでも見ていたい星空でした~

涼を求めて♪

 お盆休み、涼を求めて山に出掛けてきました。

せっかくまとまってお休みがあるので、普段の週末では行けないところ

第1希望 岐阜の笠ヶ岳

でも、、、テント泊したいところまで8時間・・・。

ここのところ歩いてないから自信がない・・・

 もう少し短い時間でロケーションのいいところはないか、、、

富山の薬師岳

ここは4時間ほどらしい。

いいね!と山泊の準備しながら下調べをしていると、ここは登山道入り口の駐車場の争奪戦が日本一激しいとか書いてる人もいる・・・

その上、天気予報にも雨マークがチラホラ。

天気悪い時の山歩きは楽しくないし、危険かもしれないし・・・。

4時間は5時間になるかもしれないし・・・疲れ倍増しそう・・・。

だんだん気持ちは萎えてくる。

恨めしく思いながらGoogleで地図を見てたら、その林道入口の先には立山があることに気付いた

立山なら室堂からすぐのところにキャンプ場あったはず!

と検索したらその通り

ということで、お天気次第で薬師岳か立山か決めることにしてとりあえず富山に向けて出発したのでした

 初日は移動日。

朝5時過ぎに家を出て高速に乗り、まずは高山へ。

ちょうど絵馬市の時だったので、市内の小さな神社は絵馬を求める人で賑わっていました。

Dscn7652
我が家は以前描いてもらった絵馬やさんで新たに描いてもらいました。

金運アップにお馬さんのタテガミを金にしてもらったら、、、金彩つきすぎじゃない^^?「奉納」の「奉」が半分消えちゃってるよぉ~ まぁ、それくらい金運つけばいっか

 で、お昼は飛騨牛食べて富山に向かったのですが、道の選択を間違えました・・・

以前通った国道はつまんなかったから別の国道にしたら、そこは国道ではなく酷道でした・・・orz。

スタートから‘ここ、国道?!’ってほどに細く草ボウボウだったんだけど、岐阜から富山に入ってしばらくすると、そりゃあすごいきれいな谷底の見えるガードレールもないカーブ連続の細い道。対向車来たらアウト?!

高所恐怖症の私は途中から無言・・・窓の外が見れないほどでした

2度と通りたくないっ!!!

 スーパーで食材等購入、アウトドアのお店で時間つぶして、お夕飯はノドグロや白エビなど北陸の味をお寿司で楽しみました。

2017年5月15日 (月)

宮崎帰省♪ ④甑島~出水

 甑島の朝、ほぼいつも通りに^^;5時過ぎに目が覚めましたが、あいにくの小雨(;;)。

前夜もお天気が良かったら星空を見にこうと思っていたけどダメで、朝も・・・。

でも、私は一人お布団抜け出して静かに身支度整えてフロントで傘を借りてお出かけ♪

近くのお豆腐屋さんの豆腐作り見学を申し込んでいたから^^。

Img_1802
こんなの申し込んでいる人はいるのかしら?と思っていたら、いた^^。

同じ年くらいの夫婦、そして15分ほど遅れてやってきた若いカップル。

最初は3人で、そして途中から5人でお豆腐つくりの説明や島でのお豆腐屋さん事情など聞き、出来立てホヤホヤの豆乳やお豆腐を試食させていただきました♪

Img_1810 Img_1808
Img_1812
できたてホヤホヤのお豆腐は本当に美味しかったです。

お豆腐作りの話はまぁ知っている内容で取り立ててどうということもありませんでしたが^^;、全国のお豆腐屋さん事情については‘そうなのかぁ・・・大変なんだなぁ・・・’と考えさせられました。

どんな地方に行ってもある全国展開スーパーには我が家も批判的ではあるのだけど、お豆腐屋さん事情からしてもそうなんだなぁ・・・ということを知りました。

もちろん、地元の人にはありがたい存在にもなっていることも確かなんですけどね・・・。

Img_1813
そんな話を聞きながら、最後に塩とオリーブオイル、地元のお醤油などで食べ比べなどさせていただき終了。

出来立てお豆腐を1丁お土産にホテルに戻りみんなでお塩でいただきました♪

 お天気は相変わらず曇りがち。ということで、後ろ髪を引かれることなく^^;9時半頃のフェリーで甑島を後にしました。

 昼前に串木野に到着。

この日はGW後半初日!ということで、フェリー乗り場は前日と打って変わってすごい人@@!

某TVで甑島の民宿をやっていたから^^?

とにかくすごい人! 長蛇の列にビックリしました

 その人の多さに‘そうだ!GWだ!お昼早いとこ食べておかないと時間ロスしちゃうわ’ととりあえずお昼を近くのマグロ専門店でい

ただいて、そこから熊本方面へ。

鹿児島方面観光しながらというのも考えていましたが、火山灰がまだ降っていたら・・・ということで迂回して帰ることに。

フェリー乗り場に置いておいた車、火山灰が降ったうえに中途半端な小雨が降ったせいで汚いのなんのだったのです。

向かった先は出水(いずみ)。

ここに武家屋敷が残っているらしいと見つけたからです^^。

途中休憩しながら2時前に武家屋敷群到着。

Dscn9822Dscn9829Dscn9828Dscn9835
観光客多いのかな?と心配していたら、、、チラホラ程度。よかった♪

石垣と生け垣がまっすぐに伸びて、とてもキレイ♪ 気持ちいい♪

公開しているうちの4軒ほど見せていただきました。

Dscn9834Dscn9832
どこも案内の方がいらして、親切に説明をしてくださいます^^。

↑このお宅なんて、天井や欄間も素晴らしいのだけど、襖がステキだなぁと思っていたら何だいか前の方がイギリス製の壁紙で作らせたのだそう ウィリアムモリス?!

家の話だけでなく、昔の生活やしきたりなどの話もしてくださったりして興味深くおもしろかったです。

静かな集落、外観そのままに暮らしていらっしゃるお宅もあり、いろいろ大変なんだろうけれど、古いもの好きの私からするととっても羨ましく思いました。

そうそう、静かだねぇと歩いていると何度か‘ゴーーーーーーーー’と低い音が聞こえ何かと思ったら新幹線でした@@;。

なんだかねぇ・・・・。

Dscn9825
2時間近く散策して、帰途につきました。

 今回の甑島は父は20年くらい前に行ったらしいいけど母は初めて。

出水の武家屋敷群は二人とも昔行ったような気がするけど・・・みたいなくらいだったので、新鮮な旅行気分だったと喜んでもらえました。

よかった、よかった(*^^*)♪

2017年5月12日 (金)

宮崎帰省♪ ③甑島へ

 主人が宮崎にやってきた翌日、朝6時半頃に両親と4人で出発~♪

長距離なので運転は主人。

宮崎から都城まで宮崎自動車道で行って、ちょっと国道を走って、鹿児島県に入って今度は東九州自動車道、それから九州自動車道へ。

そしたら鹿児島市近くにやってきたとき、急に道路が埃っぽくなり視界も悪くなってビックリ@@;。

もしかして桜島が噴火したのかな?とネットで調べてみたら、その日の早朝に噴火して噴煙が4000キロも吹き上がったとのこと@@!

すごい、、、宮崎にもたまに灰が飛んでくることはあるけど全然比べ物にならない!

桜島近くの人は大変だ~

九州自動車道から今度は南九州自動車道へ。

この時点で9時を少し回ったくらい。

フェリー乗り場の串木野まではもう近いし、出発まで時間もある!ということで、もしも時間があったら行きたいと思っていた薩摩焼の窯元のある美山へ寄り道♪

窯元はあるのだけどちょっと敷居が高い雰囲気だなぁと思い、とりあえず気軽に入れる施設へ。

そのあたりの窯元の作品が並んでいて、スタッフの方が‘ここでいろんな作品を見て、それから気に入った作品のある窯元に行かれるのもいいですよ~’と言ってくださったので、じっくり見て「これだ!」と思う窯元を決め、場所を聞いて行ってみました。

そしたら、ものすごく敷居が高いとひるんだ窯元でした^^;。

Img_1788 Img_1790

立派な門をくぐって進むと立派な庭園があって、その横を進むと右手に資料館、正面にショップ、左奥に登り窯。

一通り見学してショップに♪

かわいい~

気に入ったのは白薩摩の小さな菓子鉢? 

Img_1862 Img_1861
撫子と蝶が描かれて、そこの足が菊の花になってます~

一目ぼれで買ってしまいました♪

今回は買いませんでしたが、そのうち煎茶セットも欲しいなぁと心の中のいつか買いたいリストにとめておきました^^。

美山は美しい竹林の中の小径なんかもあったり、山なんかも手入れされてとてもきれいだったし、地図を見ると薩摩焼だけではなく木工のギャラリーなんかもあったりして、とても魅力を感じました。

いつか、今度はこの美山にゆっくり来たいなぁと思いました。

 美山の後、時間もちょうどよく、串木野のフェリー乗り場へ。

連休の合間の平日だったので、フェリーもそんなに混むことなく乗船。

1時間ちょっとで上甑島に到着しました。

 すぐ目の前のホテル。便利だ^^;。

荷物を預けて車を借りて遊覧船の出る港へ。

受付を済ませて、近くの食堂でお昼ご飯を食べて、断崖奇岩見学ツアーに出発です。

予約しといてよかった、ほぼ満席。

船内で救命胴衣をつけて、どれくらいかしら?20分くらい経った頃かしら?最初のポイントに到着、みんな甲板に出て説明を受けながらクルージング。

Dscn9772
Dscn9763 Dscn9777
Dscn9770Dscn9785
すごい地層だ~

断崖奇岩を1時間くらいず~っと見て回りました。

途中トビウオがひゅ~~~~~っっとすごい距離飛ぶのも見えました^^。

帰りの途中、ウミネコがいっぱいいるところでは火ばさみにはさんだキビナゴで餌やり。

あちらも慣れたもので、キビナゴを上手にとっていきます。

Dscn9792
これは母がすごく面白そうでした^^。

2時間ちょっとで帰港。

その後は中甑島に橋で渡って展望台を2か所。

うち一つは中甑島と下甑島とを結ぶことになる建設途中の橋を見ることができました。

Dscn9793
何年かしたら3つの島は橋でつながってよくなるんでしょうねぇ。。。

それからまた上甑島に戻って、パンフレットなどでもよく見る『長目の浜』の展望スポットへ。

Dscn9795Dscn9804
あっちからもこっちからも眺めました^^。

不思議なところがよくできたものです。

夕方だったし、曇り空だったのが残念。晴れてたらブルーのきれいな海だったのにねぇ・・・。
Dscn9814
Dscn9812 Dscn9815
Dscn9813
眺めのいいところをドライブして、ホテル近くまで戻り、武家屋敷跡の石積み塀の残る住宅地の中を散歩してこの日はお終いでした。

宮崎帰省♪ ②甑島(準備)

 4月の中頃、帰省の際せっかくだからどこかに両親と出掛けるといいなぁと思い、Googlemapを見て、ときにズームにしたりしながら大分、熊本、鹿児島、、、宿を見付けてはGW空きを探すけどなかなかありません。そんなときにふと甑島(こしきじま)を見付け、そう言えばいつだったか雑誌か何かで見たことがあり「こしきじま」という名前を覚えていたこともあり「ここだっ!」と決めました^^。

甑島は上甑島、中甑島、下甑島と3島あり、上甑と中甑は橋でつながっています。

下甑へは上甑からさらにフェリーで1時間ほど行かなくてはならないようなので、とりあえず上甑島で宿探し。

でも小さい島。宿の数も少なく、ネットに情報が出ているところは限りがあり、そういうところはやはり空きなし(;;)。

ホームページないと、どんなお部屋なのか、どんなご飯なのか分からない、、、電話すればいいのだけど、、、めんどくさいなぁ・・・

と、そんなこともありフェリー乗り場目の前の小さなホテルに予約してしまいました

せっかくの島。きっとお魚が美味しいだろうけど、ホテルのご飯は期待できそうにないと思い朝食のみつけての予約。

そして、近くに見つけたお寿司屋さんでお夕飯にしようと予約の電話をするもその日はいっぱいで無理とのこと(;;)。

じゃあ少し離れた集落のお寿司屋さんは?と連絡するも、こちらもいっぱい(;;)。

みんな考えることは一緒なのかしら^^;。

島は小さいから食べるところなかったら、このままでは食いっぱぐれちゃうと、仕方なくホテルを2食付きに変更しました

 宿が決まって一安心。

次は観光。 

何があるのかな? 役場のホームページや旅行者の口コミを見ると、7月頃ならばカノコユリが島中に咲いてキレイそうなのだけど時期が合わない・・・、他は何でも下甑島のほうにある8000万年前@@!の断崖奇岩を見るのがおすすめの様子。

どうやったら見れるのかしら???と探していたら上甑島発で遊覧船が出ているとのこと。

遊覧船時間と、甑島までのフェリーの時間などを調べて、初日に行くことにして申し込みをしました。

フェリーの時間を調べるときに車の搬送代なども調べていたら、往復で2万もかかることが分かり、さすがにもったいないと車はフェリー乗り場に置いていくことにしたので、島内での移動もチェック。

コミュニティバスがあるらしいけど本数が少なすぎて話にならない・・・。

じゃあタクシー?と問い合わせたら島に1台だけとのこと

じゃあレンタカー?とネットで見たら空きなし・・・

じゃあどうすりゃいいの?!とダメ元でホテルに電話して聞いてみたら、ホテルのレンタカーは軽ならあるとのこと♪ですぐに予約。

と、宿も移動手段も観光も手配完了

あとの隙間時間は行き当たりバッタリでOKさぁ~^^と当日を迎えたのでした。

2017年4月 3日 (月)

春休みの締めに♪ ②

 久々の山歩き。

先日鎌倉ではちょっと歩いたけど1時間ほどだったし、今回は雪道だったこともあって、疲れた~とすぐに温泉に入りに行きました。

お風呂の後は、お夕飯まで昼寝、、、いや夕寝^^。

時間になって、ボーとしながら食堂まで行きましたが、前回と変わらず山の中とは思えないお料理に目も覚めました♡

Image1前菜にはウド、フキノトウ、ヤシオマスなど山の幸、メインは頭と骨は別でカリカリに揚げられたイワナの天ぷら、牛肉のシャリアピン巻オシャレな野菜のピュレ添え、ゆずのシャーベット、コーヒーと盛りだくさん 

イワナは主人がお風呂の帰りに生簀からおじさんが網ですくいあげてバンバンッと気絶させる?ところを見たとかで釣りたて^^?

翌朝のご飯にもイワナ。朝のはマリネ。骨も頭も柔らかくなっていてとっても美味しかったです

 そうそう、お夕飯の後、玄関に行くとワンコ。

あれ! 今日一緒に歩いたワンコじゃないか!@@

なんだ~岳だったんじゃないか~^^;。 そっけないなぁ。。。

宿のご主人によると、ジッとしていられない性格でお客さんにくっついて出掛けちゃうとかで、今朝も帰るお客さんにくっついて行っちゃったからその帰りに出会ったんでしょうとのこと。

それでもって寂しがり屋さんなのだそう。

そっか、だから一緒に歩きたいのね^^。 

付かず離れずの距離感が犬が苦手の私にも心地よく、かわいい奴だ。

 翌朝、ご飯を食べて出発しようとしていると、外でワンコがワンワン吠えてる。

どうしたのかと思ったら、玄関の向こうにカモシカ@@!

Dscn8703
果敢に立ち向かっているのか、からかっているのか^^;、でも楽しそうに見える♪

岳は天然記念物の川上犬だから、天然記念物同志の戦い^^。

カモシカ相手にしているから今日は付いて来ないだろうなぁと思っていたら、リュックしょってる私たちを見て一目散に駆けてきた

今までさんざん相手にしてたカモシカよりも出掛ける方が好きらしい。

Dscn8715
そして、前夜に降って積もった新雪の上を楽しそうに駆けていき、時には雪の上に転がってみたりして、またまた先導開始^^。

Dscn87142
林道のカーブで見えなくなっても、カーブを曲がった先には立ち止まってこちらが来るのを確認してる、その姿がまた可愛い

林道コースと遊歩道コースの分かれ道、岳はどっちを選ぶかな?って話していたら、その分岐、賢いねぇ、よく知ってる、私たちが来るまでそこでしっかり待ってました。

私たちが遊歩道コースを選んだのを確認してまた先導開始^^。

でも、八丁湯のところまで来たらまたまた姿が見えない。

どこ行ったのかな? ここで先導はお終いなのかしらね?

全然気配がないので、きっとお終いなのよと遊歩道を2人で進みました。

途中で、今日はワンコもいないし^^、コーヒータイムしよう♪と雪が硬そうなところを選んで荷物をおいて、お湯を沸かし始めたら、遠くでワンワンワンワン!

ん?!岳?! 林の向こう目を凝らしても見えないけど、カモシカかサルかウサギか何かを見付けたんだね。

と話しながらコーヒー入れてたら、いつの間にか駆けてきていました♪

Dscn8731
私たちがコーヒー飲みながら、いただきもので持ってきていたイデミ・スギノのスパイス効いた美味しいパウンドを頬張っているのを見て、‘休憩するのか! じゃあ、ちょっと遊んでくるよ’と思ったのか、身軽に雪の上を駆けて川に行きジャンプしたのかな?向こう岸に渡ってあちらで走り回って、でも時々こちらを確認するのが可愛いね

Dscn8733
しばらくすると片付けを始めたのが分かったのか、また戻ってきた

途中サルがいるのを発見すれば飛んで行くものだから、サルはキィキィ泣いてるし^^;。

Dscn8737_2
どこまで先導してくれるのかなぁ?って話していたら、いつの間にか雪道には岳の足跡がなくなっていました。

またどっかに道草に行っちゃったのかもね。

あるいは、賢い子なので遊歩道終点が分かり、先導はおしまいだよ、とどっかで見送ってくれたのか、いやいや、この日は土曜日で終点近くになると登ってくる人に数人出会ったのでそちらに乗り換えたかな^^。

いずれにしても、初めての2人と1匹のハイキングはとっても楽しいもので、春休みの締めはすっかり気分転換もできた充実の山歩きでした(*^^*)♪

より以前の記事一覧