山歩き♪

2017年10月12日 (木)

仙丈ケ岳へ♪♪

 翌朝4時過ぎに起床。

なんとテントには霜が降りて真っ白でした

さて、いよいよ山歩き。

目指すは、仙丈ケ岳(3,030m)♪

Dscn7806
紅葉なんて期待していませんでしたが、紅葉してました~

Dscn7822
Dscn7832
Dscn7824
Dscn7821
尾根に出るまではちょっと疲れたけれど、この日はほんとにいいお天気で360℃の眺望。

登ってよかったなぁ。。。とつくづく思いました^^。

↓日本一高い富士山、2番目の北岳

Dscn7809

Dscn7807
雲海の向こうに富士山も見えるし、すぐそこの甲斐駒に八ヶ岳、木曽駒あたりの中央アルプス、それから北アルプス方面も見えるし、ほんとに素晴らしい眺望でした。

Dscn7802
尾根歩きも気持ちよかった♪

ただ残念なのはスマホの調子が悪くなり、いつもの山歩き記録が全くとれなかったことorz。

勝手に動いてた健康アプリ?によれば15km弱歩いたとのこと。

時間的には朝6時にキャンプ場を出て、頂上には11時過ぎ。

途中の山小屋でお昼休憩1時間ほどしてキャンプ場に戻ったのが13時半過ぎた頃なので、6時間半ほど歩いたらしい。

この前の天狗岳も立山もそうだったけど、下りは嫌い

もうヘロヘロでした・・・

久々の3000m、キャンプ場で慣れると思っていたけど高山病?頭が痛くて痛くて、ただでさえヘロヘロなんだけどキャンプ場に戻ってすぐには動けず30分ほど薬飲んで休みました。

それから、テントの撤収。

16時の北沢峠発のバスに乗って広河原へ。

乗り合いタクシーがいくらでもいるかと思いきや全然いない

仕方ないので、15分ほど待ったあとにバスに乗って下の駐車場まで。

1時間ほどバスに揺られて着いた頃には日が暮れて薄暗く、駐車場にはうちの車がポツンでした

みんな下山するの早いんだねぇ

と、今年最後の山キャンプ山歩きはお天気にも恵まれて、ほんとにサイコーの山歩きでした






 

仙丈ケ岳へ♪

 夏以来、立山でのキャンプが楽しかったので今期もう1回行きたいよねぇと、3日連続のお休みがあること、お天気がいいこと、というのでチャンスをうかがっていました。

そしたら、10月の頭でしたが、主人が仕事がお休みだというし、お天気も予報を見たら文句なしの晴天!

今年最後の山キャンプのチャンスだ!これは行くしかないでしょう!!!と大急ぎで地図や食料を買い、テントや防寒具もそろえて出掛けました。

 1日目はよく行く夜叉神峠の下のほうの駐車場に車を置いて、乗り合いタクシーで広河原まで行き、そこから北沢峠までバス。

バスの時間を見間違ってしまったために^^;乗り継ぎ時間が悪く、広河原で2時間も時間をつぶす羽目になってしまい、北沢峠に着くまでに半日使ってしまいました

それでも、北沢峠からキャンプ場までは歩いて10分なので、テント張るだけなら十分^^。

ところが、キャンプ場が思った以上にいっぱいで張れるところがなくて、下山してきた人たちがテントを撤収するのを待って張ることになり結局落ち着いたのは14時過ぎてしまいました。

なんだかスムーズにいかないスタート・・・。

Dscn7755
テント場は真っ白い岩の甲斐駒ヶ岳の頭が見えてなかなかいいところに張れました♪

夕方には夕日で赤くなった甲斐駒が^^。

 お夕飯は前回の立山の時はα米のご飯を持って行ったけど、今回はいいものを見付けてお米から♪

Dscn7758
ネットでたまたま見付けたのですが、このお弁当型のお鍋にドイツ製の固形燃料のコンロで炊くというもの。(↑コンロが小さくて見えてない

固形燃料がちょうど13、4分で消えるので炊飯時間ピッタリ。

半信半疑でしたが、炊いてビックリ。

すごくおいしいご飯が焦げることもなく炊けました。

あまりの感動に、おいしそうだったし^^、写真撮ることも忘れてしまった

主人も、このコンロ等昔からあって存在は知ってたけどこんなに便利だったとは!とビックリしていました。

我が家の夕飯は、この炊き立てご飯とレトルトの中華丼、黒酢肉団子、長ネギのお味噌汁。

周りからはキムチ鍋やイタリアンのいい香りがしてくるところもありました

Dscn7767
夜の星も楽しみにしていましたが、満月が近かったこともあるのか、立山の時みたいに天の川は見えませんでした。

飛行機が飛んでいるのはよく見えました~^^。 コースになってるんだねぇ。。。

 

2017年9月14日 (木)

登った感なし・・・^^?

 主人が平日休みで、しかもお天気もまずまずの予報だったので、山歩きに出掛けました。

本当はテント泊したかったのだけど夜のお天気がイマヒトツだったので日帰り山歩き。

でも、朝早く歩き出したかったので前日は蓼科ハーベスト泊。

お夕飯は前週行ったばかりの諏訪湖畔の鰻。 週2回でもおいしい

 翌朝、5時出発!って張り切っていたのに起きたら5時^^;。

大慌てで5時半過ぎに出発して、コンビニで朝ごはん買って、車で食べながら登山口まで。

結局歩き出したのは7時前でした

 今回目指したのは天狗岳(2,646m)。

唐沢鉱泉から出発、第1展望台、第2展望台の西尾根から西天狗、東天狗、中山峠、黒百合山荘、唐沢鉱泉と左回り周遊コース。

Dscn7660
 唐沢鉱泉を出発してすぐは足元は緑の美しい苔、見上げればカラマツ林、という八ヶ岳らしい風景の中。

1時間ほどの後見晴らしよいはずの尾根道へ。

はずだった・・・orz。

ガスが・・・(;;)。

時々ガスの切れ間に隣の根石岳とその山荘が見えるんだけど・・・。

そのうち晴れてくれるわよね・・・と願いながら登るけれども・・・

10時頃、天狗岳(西天狗)到着もガス・・・。

すごいガスじゃないだけいっか^^;と大休憩。

Dscn7682
お湯を沸かしてコーヒー淹れて、この日のおやつは茅野のお菓子屋さんで買ってきた地味目のお菓子。

前日ケーキを焼く気分がなくて・・・。

でも、焼けばよかったなぁ・・・と後悔しました

30~40分ほど休憩、ガスも晴れそうにないので出発。

Dscn7684隣の東天狗もガス・・・。

Dscn7685
つまらないので、すぐに中山峠方面に下りました。

登山道が見えないほどのガスではないだけいいのだけど、どんだけ景色がいいところなのかと思うと寂しいわぁ・・・

Dscn7694
少し下ったあたりからはガスが晴れてきて、小海の方の広い畑や町が見えるようになりました。

大きな石を縦に横に斜めに上手に積んだものねぇと感心するような岩のコースを越え、樹林帯に入り、木道進んだら黒百合山荘。

Dscn7699
時間はちょうどお昼。

予定ではその頃に下山のはずでお弁当を持っていなかったので、ここでお昼。

ビーフシチューを食べました。

Dscn7697
山の上できちんと食器でサラダにパンもついて、スイスの山小屋みたいね♪と話しながら^^♪ 

しばらくゆっくりして山小屋出ると霧雨・・・(;;)。

Dscn7702
でも、ずっと樹林帯なので濡れないのだけど、ただ苔いっぱいのコースなので、石も木も滑りやすい。気の抜けない唐沢鉱泉までの道のりでした。

Dscn7716唐沢鉱泉の源泉、きれいでした~♪

この日は7.9k、休憩込みの8時間。

(思った以上に時間がかかってしまいました。

下山後、主人の一言。

‘なんか長い散歩だった気がする・・・。’

@@;?!

なんですと?! 

う~ん、そう言われれば確かに・・・

頂上はガスってたから展望なくて、高い山上った実感ないね・・・

orz、、、。

***

季節柄なのか、キノコはどんだけの種類を見たことか♪

Dscn7661 Dscn7663

Dscn7670 Dscn7671

Dscn7703 Dscn7711

Dscn7712 Dscn7714_2

大きいの小さいの、背高いの低いの、まん丸のとんがりの、赤いの黄色いの白いの茶色いのオレンジの・・・。

Dscn7707オブジェみたい^^;

Dscn7704
苔もいろんなのあって、観察会があるの分かるわぁと思いました。

 

2017年8月19日 (土)

涼を求めて♪♪♪♪

Dscn0020

 3日目朝は5時頃起床。

パン、チーズ、ソーセージ、コーンクリームスープ、プチトマト、コーヒーで朝食済ませて後片付け開始。

シュラフを丸めてシートを小さくして、テント内のものをザックにギュウギュウに詰め込んで、朝露でぬれたテントを拭きながらしまいます。

7時過ぎに撤収完了。

3日前に雨の中を下ってきた長~い階段、テント場から見れば心臓破りの階段に見える・・・

ウォーミングアップなしにいきなりのあの階段はイヤだねと主人とも意見が合い、多少時間かかってもお花畑コースで帰ろう♪となりました。

室堂までの半分は前日と同じコース。

Dscn0019_2

食料や水ものなど消費したから軽くなっているとは言え‘重いわ~’と思いながら歩きます。

Dscn0033
途中振り返ると、あの長~い階段を上る人下る人が小さ~く見えます。

Dscn0025
                 ↓ツラソウ・・・
Dscn0028
こちらのコースは途中で雪渓から溶け出してきた冷たい水の流れる小さな沢があって、ほてった顔や腕を濡らしたり、小休憩しながら^^。

Dscn0029_2キャンプ場から1時間半ほどで室堂に到着。

室堂も立山駅もやってくる人がそろそろ増えてきて賑わっていました。

Dscn0034
 笠ヶ岳→薬師岳→立山、と最後に出てきた立山プランだったけど結果オーライ♪

キャンプ場はロケーションばっちりだったし、温泉は入れるし、山歩きコースはいくつも選べるし、お花畑も満天の星空もステキだったし、行ってよかった~♪な夏休みでした。

それに、何と言っても涼しかったし

 次回はキャンプ場からまっすぐ登って剱御前小舎通って剱岳に近づいてみたいです。

高所恐怖症なので剱岳には一生登れないし、登りたいとも思っていません

近くで見れたらそれで満足^^。

いつ行けるかなぁ。。。

***

続きを読む "涼を求めて♪♪♪♪" »

涼を求めて ♪♪♪

 翌朝4時頃に目が覚めたのに、朝ごはん作って食べて身支度整えて山歩きに出発できたのは6時半でした

キャンプ場から川を渡ってお花畑がスタート♪

↓分かりにくいけどお花畑の中の道

Dscn9959

お花畑は7月というイメージだったけど8月中旬でもお花畑~

Dscn0016_3

Dscn0012_2

チングルマやイワカガミ♪

浄土山や目指す雄山も見えていい景色です~

いきなりテンション

Dscn9964
振り返ればキャンプ場が小さく、みくりが池やその向こうに大日岳も見えます。

いいねぇ~

Dscn9963

その後、小さな雪渓を横切ったりしながら、岩ゴロゴロのコースをさらに登って一の越山荘。ここまで1時間半くらい。

一の越山荘には室堂からの日帰りの人も大勢いて賑やかです~。

韓国からのツアーが目立ってました。

ちょっと休憩して、さらに岩ゴロゴロコースを登って雄山神社峰本社前、雄山到着。

Dscn9967遠くに槍ヶ岳も見えました~♪
Dscn9975
でも、ここも人が多すぎるのでお参りしたら早々に次の大汝山へ。

ここまで来るとぐっと休憩の人が少なくなったので大休憩♪

来る前に焼いてきたブルーベリーのラベンダーケーキと、数日前にもらったハワイのお土産ホノルルクッキーで栄養補給

Dscn9981

しばらくゆっくりした後また歩きます。

真砂岳への下りの岩場はちょっと渋滞

でもその合間に下に目をやると、ずっと下遠くにテントサイトが~^^♪

Dscn9983


その後、分岐。

真砂岳、別山行って剱御前小舎から下る+3時間コースか、真砂岳手前で下るか、、、

手前で下りました~

ムリはしない^^。

雪渓のすぐそばのコース、ここもやっぱりチングルマなどの高山植物のお花畑コース

Dscn0001

時間もお昼前だったので、途中で休憩しながらのんびりゆっくり下りました

Dscn9985Dscn9987Dscn9990Dscn9979
6.6k、6時間半の山歩きでした。 満足、満足

午後は昼食にパスタを作って(お湯に入れて煮るだけのインスタント^^)、山を見ながら食べて、片付けた後はちょっとお昼寝して、また温泉へ行ってゆっくり過ごしました





2017年8月18日 (金)

涼を求めて ♪♪

 2日目、朝から雨・・・

山の天気予報も午前中は全然ダメ。

雨が上がるのを待って登るのは遅いかもしれないし、、、ということで、今回の山は立山に決定。

立山のケーブルカーの駅に着いたときは土砂降り

仕方ないので車の中で1時間ほど待機。

雨雲レーダー見ながら、小降りになったのを見計らって、合羽を着てザックを背負って駅に向かいました。

盆休み真っ只中と言えどあいにくのお天気なのでお客さん少なく、すぐにケーブルカーに乗れてラッキー♪

美女平でもすぐに臨時バスが出ました。

さくさく室堂までは到着できましたが、う~ん、お天気は雨

観光の人はもちろん、縦走するであろう大きなザックの人も足止め食らってあふれんばかり。

私たちも目的のキャンプ場は1時間ほどだから焦ることはないので待機。

ちょうどホテルの喫茶室がオープンしたところだったので、そちらに移動してコーヒー飲んで待ちました。

1時間ほどして小降りになってきて、ようやく出発。

雨なので、みくりが池も地獄谷もチラ見だけで通過。

長~い階段下って40分弱でキャンプ場に到着できました。

その頃にはほとんど雨も上がっていたので、端っこの空いてるところを見付けてテント張り。

受付済ませて、いきなりお昼作るのは面倒だったので、すぐそばの山荘で中華丼を^^。

午後はまた雨が降ったりやんだり・・・。

それで、すぐそばの山荘、ヒュッテは温泉で日帰りOKなので私は温泉に2時間近く

主人も温泉には行きましたが、そんなに長居はせずテントに戻ってお昼寝していたようです^^。

と、何をすることもなく午後は過ごして6時頃にお夕飯。

夕飯の片付けが終わったころには雨もすっかり上がり空が明るくなってきたので、近くを散歩できました。

↓こんなに青空がのぞきました♪Dscn9911

川の向こうはお花畑♪

Dscn9927


Dscn9928


Dscn9921
だんだん日も暮れて・・・
Dscn9933_2

Dscn9936_2
その後はシュラフに入ってウツラウツラ

‘おぉ~ッ!!!’という歓声で主人も私も目が覚め^^;、外に出てみたら満天の星

天の川も見えるほど!!!

これ見たかったんだ~!!!

↓明るいのは室堂のホテル。

Dscn9948

ほとんどあきらめていたことだったので嬉しさ倍増

しばらく眺めている間に流れ星をいくつ見れたことか

いつまでも見ていたい星空でした~

涼を求めて♪

 お盆休み、涼を求めて山に出掛けてきました。

せっかくまとまってお休みがあるので、普段の週末では行けないところ

第1希望 岐阜の笠ヶ岳

でも、、、テント泊したいところまで8時間・・・。

ここのところ歩いてないから自信がない・・・

 もう少し短い時間でロケーションのいいところはないか、、、

富山の薬師岳

ここは4時間ほどらしい。

いいね!と山泊の準備しながら下調べをしていると、ここは登山道入り口の駐車場の争奪戦が日本一激しいとか書いてる人もいる・・・

その上、天気予報にも雨マークがチラホラ。

天気悪い時の山歩きは楽しくないし、危険かもしれないし・・・。

4時間は5時間になるかもしれないし・・・疲れ倍増しそう・・・。

だんだん気持ちは萎えてくる。

恨めしく思いながらGoogleで地図を見てたら、その林道入口の先には立山があることに気付いた

立山なら室堂からすぐのところにキャンプ場あったはず!

と検索したらその通り

ということで、お天気次第で薬師岳か立山か決めることにしてとりあえず富山に向けて出発したのでした

 初日は移動日。

朝5時過ぎに家を出て高速に乗り、まずは高山へ。

ちょうど絵馬市の時だったので、市内の小さな神社は絵馬を求める人で賑わっていました。

Dscn7652
我が家は以前描いてもらった絵馬やさんで新たに描いてもらいました。

金運アップにお馬さんのタテガミを金にしてもらったら、、、金彩つきすぎじゃない^^?「奉納」の「奉」が半分消えちゃってるよぉ~ まぁ、それくらい金運つけばいっか

 で、お昼は飛騨牛食べて富山に向かったのですが、道の選択を間違えました・・・

以前通った国道はつまんなかったから別の国道にしたら、そこは国道ではなく酷道でした・・・orz。

スタートから‘ここ、国道?!’ってほどに細く草ボウボウだったんだけど、岐阜から富山に入ってしばらくすると、そりゃあすごいきれいな谷底の見えるガードレールもないカーブ連続の細い道。対向車来たらアウト?!

高所恐怖症の私は途中から無言・・・窓の外が見れないほどでした

2度と通りたくないっ!!!

 スーパーで食材等購入、アウトドアのお店で時間つぶして、お夕飯はノドグロや白エビなど北陸の味をお寿司で楽しみました。

2017年5月12日 (金)

宮崎帰省♪ ①父と山歩き

 GW初日、市内から高速使って1時間半ほどの尾鈴山の山開きに父と参加しました。

数年前には、私は仕事で間に合わず主人が先に一人で帰って父に付き合ってくれた山開き。

今回は主人が仕事で間に合いませんでした。

 受付をすると記念の杉板の参加記念プレート^^?と地元の特産のプチトマトをいただきました。 そう言えば、近所のスーパーでもごくたまに尾鈴のプチトマト売ってます。こちらで買うとそんなに甘いとは思わないのだけど、参加賞でいただいたプチトマトはすごく甘くておいしかったです♪

 7時半頃から山開きの儀式が始まりましたが、せいぜい10分くらいで終わるかと思いきや30分くらいかかったでしょうか^^;。

横笛や太鼓もなり、神主さん見えて祝詞がツラツラと、、、祓串でシャカッ、シャカッもあり、地元の方の玉串捧げがあって、、、しっかり今シーズンも楽しく無事に山歩きができますように、とお願いをしました。

Dscn9683
 8時過ぎにスタート。

Dscn9685_2

登山口までの最初の1時間は林道歩き。 滝をいくつも見ながら進むのでそんなに退屈でもありません。 水の音を聞きながら新緑の中を歩きました。

Dscn9686
スタートは参加者の中盤位にいましたが、父とどんどん歩いて追い越していたらいつの間にかほとんど先頭になっていました。 

前回参加の主人から、先頭集団に入って登り始めないと登山道が渋滞して疲れるよ、と聞いていたので予定通りです。

登山口で小休憩後、いよいよ登り開始

Dscn9689
とっても静かで小鳥の声がよく聞こえて、自分たちのペースで登れるので心地いい山歩き。

高齢の父との山歩きなので、水分補給やエネルギー補給を30分毎にきちんととりながら登りました。

Dscn9690
途中の休憩から学生らしきカップルと同じペースになりましたが、その女の子がとってもかわいい宮崎弁でしゃべるものだから、それがまたとても癒しになりました^^。

Dscn9708_2
2時間ほど登ってようやく頂上に到着~♪ (↑もうすぐ82歳になる父^^)

大きな馬酔木の木の下で途中のコンビニで買ってきたおにぎりや卵焼き、それに参加賞でもらったプチトマトを食べて一休み。

30分ほど休んで下山開始です。

Dscn9711
下ってすぐの大きなヒメシャラの林↑ 幹がピカピカ

主人もビックリしてましたが、ヒメシャラがこんなに太く大きくなるなんて@@!

Dscn9714
頂上まで来たら後は下るだけでしょと思っていたら、いやいや、周遊コースなので少々の登りがあちこちに^^;。

Dscn9722
Dscn9724
でも、頂上の後のコースにはアケボノツツジがあちこちに咲いていたり、シャクナゲや黄色のツツジ、、、ヒカゲツツジだったかしら?それらの咲くポイントあったり、破れ傘が一面に広がっている箇所があったり、なかなか楽しいコース。

Dscn9734
前を歩く一人参加のおじさん、多分81歳の父よりも先輩だと思われるのだけど、歩くペースが速くてビックリ^^;。

そのおじさんにできるだけくっついて行こうと父も私もがんばる!みたいな^^?

地元の方のようなので、毎日散歩でこの山に来てるんじゃないか?くらいに健脚!

その先にはもっと健脚のおじさん2人組がいらして、ほとんど小走りだよね^^?みたいにまた早いのなんの。

でも、時々立ち止まって、「この岩の模様はなんでできたっちゃろか?」「これ、破れ傘ね」とか話しかけてくれます^^。

Dscn9733↑これもおじさんが見付けました。破れ傘の上にアケボノツツジの花が落ちて真ん中にはまり、まるで破れ傘に花が咲いてるみたい^^。

 そんな感じで後半はほぼ5人でタッタと降り、2時間半ほど駆け歩いて^^?林道まで降りました。

林道まで降りたら、おじさんたちはやっぱり地元の方で林道脇に停めた軽トラックで「お先にぃ~」と行ってしまいました^^;。

そして、14時半回った頃にスタート地点到着。

休憩込みの6時間半、15キロ歩きました~!!!

受付で到着報告。父と私、4位と5位でした。

参加者は100名ほどだったらしいので、素晴らしい順位です

よくがんばった~!!!

これもあのペースの速いおじさん、おじいさんのおかげです^^。

達成感でいっぱいの山開きでした~(*^^*)。

2017年4月19日 (水)

桜ハイキング♪

 先日の週末はまたまた山梨へ。

今度は昨年行こうと決めていた「山の神千本桜」ハイキング♪

山の上の神社まで桜がずっと植えられているとかで、この時期、標高差があるのでどこかしら咲いているというので^^。

Dscn8858入口から桜がたくさん♪

去年来た鳥居のそばも満開♪

Img_1687_2
つづら折れの林道をひたすら歩く、登る・・・。

Dscn8867

Dscn8885
途中からだんだん疲れてきた・・・

たいしたことないと思っていたけど、ひと冬でつけた贅肉は重いし、運動不足だし、、、

途中ところどころに「○丁目」と刻まれた石が置いてあるのだけど、これはきっと「○合目」ってのと同じ意味だろうと思いながら登っていたら「11丁目」も出てきて・・・orz。

いったい何丁目まであるの、、、

Dscn8868
ぼやきながらも振り返れば甲府盆地が見えていい眺め~♪

ようやく社殿到着。

社殿のところは見晴らしもないし、ハイカーの行き来も多いので、社殿から少し先の雑木林の中で敷物引いて、コーヒータイム♪ ここのところは忙しくて疲れてケーキ焼く余裕なく^^;。

Dscn8879
これが楽しみで登ってきたようなもの^^。 

しばらく休憩して下山しました。

片道たった1時間のコースだというのにこの疲れ・・・。

GW、父と往復7時間の山歩きする予定なのだけど、私大丈夫か^^?

不安になってきました・・・

 帰りはいつものお蕎麦屋さんでお蕎麦を食べて、秩父周りで帰宅。

途中、秩父の山の中、毎年この時期行きたくなる花の園へ。 通りすがりのヒトのお宅^^;。

Img_1715
Img_1713
今年もミツバツツジが咲き乱れていました~


2017年4月 3日 (月)

春休みの締めに♪ ②

 久々の山歩き。

先日鎌倉ではちょっと歩いたけど1時間ほどだったし、今回は雪道だったこともあって、疲れた~とすぐに温泉に入りに行きました。

お風呂の後は、お夕飯まで昼寝、、、いや夕寝^^。

時間になって、ボーとしながら食堂まで行きましたが、前回と変わらず山の中とは思えないお料理に目も覚めました♡

Image1前菜にはウド、フキノトウ、ヤシオマスなど山の幸、メインは頭と骨は別でカリカリに揚げられたイワナの天ぷら、牛肉のシャリアピン巻オシャレな野菜のピュレ添え、ゆずのシャーベット、コーヒーと盛りだくさん 

イワナは主人がお風呂の帰りに生簀からおじさんが網ですくいあげてバンバンッと気絶させる?ところを見たとかで釣りたて^^?

翌朝のご飯にもイワナ。朝のはマリネ。骨も頭も柔らかくなっていてとっても美味しかったです

 そうそう、お夕飯の後、玄関に行くとワンコ。

あれ! 今日一緒に歩いたワンコじゃないか!@@

なんだ~岳だったんじゃないか~^^;。 そっけないなぁ。。。

宿のご主人によると、ジッとしていられない性格でお客さんにくっついて出掛けちゃうとかで、今朝も帰るお客さんにくっついて行っちゃったからその帰りに出会ったんでしょうとのこと。

それでもって寂しがり屋さんなのだそう。

そっか、だから一緒に歩きたいのね^^。 

付かず離れずの距離感が犬が苦手の私にも心地よく、かわいい奴だ。

 翌朝、ご飯を食べて出発しようとしていると、外でワンコがワンワン吠えてる。

どうしたのかと思ったら、玄関の向こうにカモシカ@@!

Dscn8703
果敢に立ち向かっているのか、からかっているのか^^;、でも楽しそうに見える♪

岳は天然記念物の川上犬だから、天然記念物同志の戦い^^。

カモシカ相手にしているから今日は付いて来ないだろうなぁと思っていたら、リュックしょってる私たちを見て一目散に駆けてきた

今までさんざん相手にしてたカモシカよりも出掛ける方が好きらしい。

Dscn8715
そして、前夜に降って積もった新雪の上を楽しそうに駆けていき、時には雪の上に転がってみたりして、またまた先導開始^^。

Dscn87142
林道のカーブで見えなくなっても、カーブを曲がった先には立ち止まってこちらが来るのを確認してる、その姿がまた可愛い

林道コースと遊歩道コースの分かれ道、岳はどっちを選ぶかな?って話していたら、その分岐、賢いねぇ、よく知ってる、私たちが来るまでそこでしっかり待ってました。

私たちが遊歩道コースを選んだのを確認してまた先導開始^^。

でも、八丁湯のところまで来たらまたまた姿が見えない。

どこ行ったのかな? ここで先導はお終いなのかしらね?

全然気配がないので、きっとお終いなのよと遊歩道を2人で進みました。

途中で、今日はワンコもいないし^^、コーヒータイムしよう♪と雪が硬そうなところを選んで荷物をおいて、お湯を沸かし始めたら、遠くでワンワンワンワン!

ん?!岳?! 林の向こう目を凝らしても見えないけど、カモシカかサルかウサギか何かを見付けたんだね。

と話しながらコーヒー入れてたら、いつの間にか駆けてきていました♪

Dscn8731
私たちがコーヒー飲みながら、いただきもので持ってきていたイデミ・スギノのスパイス効いた美味しいパウンドを頬張っているのを見て、‘休憩するのか! じゃあ、ちょっと遊んでくるよ’と思ったのか、身軽に雪の上を駆けて川に行きジャンプしたのかな?向こう岸に渡ってあちらで走り回って、でも時々こちらを確認するのが可愛いね

Dscn8733
しばらくすると片付けを始めたのが分かったのか、また戻ってきた

途中サルがいるのを発見すれば飛んで行くものだから、サルはキィキィ泣いてるし^^;。

Dscn8737_2
どこまで先導してくれるのかなぁ?って話していたら、いつの間にか雪道には岳の足跡がなくなっていました。

またどっかに道草に行っちゃったのかもね。

あるいは、賢い子なので遊歩道終点が分かり、先導はおしまいだよ、とどっかで見送ってくれたのか、いやいや、この日は土曜日で終点近くになると登ってくる人に数人出会ったのでそちらに乗り換えたかな^^。

いずれにしても、初めての2人と1匹のハイキングはとっても楽しいもので、春休みの締めはすっかり気分転換もできた充実の山歩きでした(*^^*)♪