2016年8月28日 (日)

my田んぼと秋の味覚ブドウ~♪

  先週から夏の集中の仕事が始まってしまい、旅行日記も途中のまま、何だか仕事に忙殺されて忘れてしまいそうです^^;が、ちょっとお休み。

***

 週末、my田んぼの草取りに出掛けました。

家を出る時は曇りでしたが、高速に乗ってしばらくすると雨が降り始め、、、でも笹子トンネルを抜けた甲府盆地は曇り。

ホッとしたのに、田んぼのあるところは少しばかり標高が高くて雲の中。

やっぱり霧雨が降っていました(;;)。

Dscn8779
作業用のカッパを着て、長靴履いて、軍手をしていざ田んぼの中へ。

歩を進めるたびにトンボやバッタが飛び出してきます。

40分ほど小さな田んぼの中を歩き回って稗や粟を抜き取りましたが、まだ小さいのは見分け付かないからなぁ、、、次に行ったときにどれだけまた出現していることか^^;。

約2か月ぶりの田んぼ、随分成長していました~。

収穫まであともう少し。 雨風に負けずもっと成長して頭を垂れておくれ~♡

 田んぼの後、近くの毎年行っている西洋梨農園にシャーベットを買いに。

9か月ぶりくらいですが、農園のご夫婦もお変わりなくお元気で、来月また洋梨買いに参ります~♪と後にしました。

せっかく山梨まで行ったので、帰り道には新たなブドウ農園開拓でもしてみようかと勝沼ではなく甲府盆地からすると南斜面になる善光寺のあたりの農園に行ってみました。

 いくつ種類も作っている農園で、丁度出ていたブラックビート、ゴルビー、シャインマスカット、クィーンニーナの4種を購入。 (ゴルビーが欲しいと言ったらハサミ持って一緒に切りに行ってくださいました♪だから、もぎたて♡)

Dscn8781
↑買ってきたブドウたちとナスとトマト、西洋梨園でいただいた貴陽とイチジク♪
 

クィーンニーナは新しい品種らしいのだけど、去年すごく気に入ったゴルビーと見た目がよく似ています。

勝沼のICまでの途中でもゴルビーを1房^^。 (食べ比べしてみようと思って)

Dscn8783

帰宅後、全種類を食べ比べ♪

私的にはクィーンニーナがとっても気に入りました~(*^^*)♪

ゴルビーと味の傾向は似ているんだけど、味が濃くて、食感がツルンとした感じ^^?

農園違いのゴルビーはどちらも負けず劣らずやっぱりおいしい~♪

あぁ~、ブドウの季節が始まりました~♡

糖分の採りすぎに注意しなくちゃいけないけれど、あぁ、キビシイッ!pig

西洋梨園でオマケでいただいた貴陽もすっごくおいしかったですheart04

先月収穫されたものだけど、1月近く湿度と温度管理をきちんとされていたとのことで全然美味しいshine

貴陽、なかなかの高級品だし^^;、まぁスモモでしょ?なんて思って買ったことなかったのですが、来年は間違いなく買うと思います(*^^*)!

2016年8月21日 (日)

英国旅行⑤:4日目湖水地方(Grasmere~Ambleside)

 朝起きてもやっぱりドンヨリ・・・小雨交じり・・・orz。

前夜疲れてこの日のバスやフェリーの時間を調べていなかったので、早起きしてバスの地図などでチェック。

こういう細かいところが日本では調べきれず(フェリーの時間は「地球の歩き方」に出てたけど・・・)、前日駅前のバス乗り場でもらってきていました。

この日は私の勝手な予定では、朝ごはんをちゃっちゃと食べたら、すぐ隣のBownessまで行ってフェリーでウィダミア湖の対岸に渡り、ピーターラビットの作者のビアトリクスポターが拠点にしていたNearSawreyあたりからHawksheadまでフットパスを歩く、それからGrasmereあたりまでバスで行ってそちらでもフットパスでAmblesideまで歩く、なぁんてのだったんだけど・・・。

実際にはまず朝ごはんが8時半からで大誤算(;;)。

そして、フェリーが10時。

時間がもったいない、、、じゃあバスでGrasmere行ってそっちを先に歩いて、午後をHawksheadにするか、と考えたんだけど・・・。

まぁ、とりあえずそうしてしまったので^^;、朝ごはん食べた後、バス乗り場の駅前まで行き、スーパーでお昼のサンドイッチや水などを購入、バス乗り放題の1日券を購入し、Grasmereまで。

朝ごはんを軽くしていたので、ガイドブックに出ていたスコーンが美味しいらしい10時オープンのカフェに入り小腹を満たす(予定)。

ところがスコーンはあと30分かかると言う・・・(;;)。

そんなにゆっくりしてられないので、コーヒーだけ飲んでweep(またまた計画狂う)、その隣のワーズワース一家のお墓のある教会を見学してから歩きはじめました。

Dscn8694

湖沿いの静かな道を最初は歩き、途中でフットパスの入り口を見付けたのでそこから湖と牧草地に挟まれた細い道をのんびり歩きました。

Dscn8697
あちらの方も犬を連れたりしてノンビリ歩いています。

会うたびに‘G'moning♪’とあいさつ交わします。

Dscn8702
Grasmere湖の終わりの端っこまで来たとき時間は11時半前でしたがお腹もすいていたので座ってお昼にしました。

サンドイッチを頬張り始めると、すぐそばのカモたちが(エサくれないの?エサくれないの?)と近づいてきましたが、10羽くらいいるのであげたら大変なことになるわ!と知らないふりして食べました^^。

Dscn8704

そこから今度は山の際、Rydal湖を時々見ながらのシダのたくさん生えるフットパスを歩きました。

ほんとはAmblesideまで歩きたかったんだけど、NearSawreyがあるからなぁ・・・とRydalでバスに乗りAmblesideまで。

ところが、Hawkshead行きのバスは1時間に1本しかなくて・・・orz。

う~ん、、、次のバスであっちに行ったら2時半頃、、、そこからNearSawreyまで歩いてどんだけかかる?!

お天気いいならまだしも、この日はずっと降ったりやんだりのドンヨリ空模様でテンション低い・・・。夕飯はレストランに予約も入れてるし・・・。

悩みに悩んでとりあえず行って見るか!と次のバスを待ってHawksheadまで。

Hawksheadまでの道は結構細くて、それなのに自家用車やキャンピングカーはもちろん大きな観光バスも(日本のJ○Bツアーのバスも^^;)何台も通るのですれ違いが大変sweat01

途中何度も立ち往生・・・。

こんなに細い道で広げる気ないなら尾瀬みたいに車制限した方がいいよdespairなんて話したりして、ようやく到着。

行ってみたその時点でNearSawreyまでのフットパスって結構山じゃない^^?ってことが分かり断念weep

Amblesideに戻るバスも結局次のが1時間ほど後だったのでHawksheadの小さな村をブラブラ。

郵便局で伯母に手紙を出したり、お土産買ったり、バス亭そばのカフェでクリームティ食べたり。

Dscn8718 Dscn8719
Dscn8711
そしてワーズワースが通ったという学校を見学してみたり。

Dscn8723
ようやくバスが来てAmblesideをぶらりとしてWindermereに戻ったのでした。

 この日の夜は泊まったマナーホテルのレストランで。

まずウェイティングルームで待ってから、ということでソファに座っていると後から入ってきたおば様が「こんばんは」って@@。

(あぁ日本人の方ね♪)と私も「こんばんは」って挨拶したら、「わぁ♡ 日本の方ね♪ うれしいわ♡ 日本人かなぁって思いながら一応「こんばんは」って言ったんだけどね。まぁ、そうなの!」ととってもうれしそう(*^^*)。

日本在住なんだけど、ご主人がアイルランドの方で、お友達に会いに帰省の途中なんだとか。

それでそこに来る前にロンドンで1週間やはりお友達のところにお世話になってきたとかで、どうも日本語に飢えていた^^?

とても話好きのおば様でホテルのオーナーが食事の「用意ができましたよ」と呼びに来てくださったんだけど「お話はずんでいるようだからもう少し後にしましょう」と戻って行かれるほど、旅行の事や息子さんたちの話などたくさんお話しました。

食事の後のコーヒーもラウンジに移動したのだけど、そこでも22時前までまぁ喋り捲り^^;。

でも、とても楽しい時間となりました。

あ、レストランの食事はナンタラ賞をもらったことがあるということもあり、確かにその時まで食べていた食事とは全然違ってキラリとスパイスの効いた感じの美味しい食事でした。

年齢層が高いということもあるかもしれないけど、あちらの方は料理写真とか撮る人は誰もいないので気が引けてとてもじゃないけど撮れませんでした^^;。

と、この日の〆のおば様とのお話は楽しかったけれども、昼間の歩き回り予定の1日はあぁぁぁsweat02でした・・・weep

ピーチメルバTeaCake♪

 英国旅行記事の途中ですが、ちょっと休憩^^。

Dscn8663
先日、ル・シュクル先生のケーキ教室にてピーチメルバTeaCake作りました♪

以前、マスカルポーネ入りクリームでケーキを作ったことはありましたが、そのときのクリームの配合とか適当^^;だったのできちんと習いたかったし、紅茶風味のクリームにも興味深々でしたから♪

紅茶入りのスポンジ作って、3枚にスライスしてラズベリーソース塗ってクリーム塗って、桃のコンポートスライス並べて、生地を重ねて。

そして、、、ナッペ・・・orz。

ムズカシイ・・・(;;)。

シェル絞りだって、あらららら・・・貧弱sweat02

反省いっぱいの出来上がりになってしまいましたcoldsweats01

でも、お味はgood

Dscn8670
ラズベリーソースが効いてます♪

いつもなら近所の農家さんにおすそ分けするところですが、主人とペロリdelicious

とってもおいしかったです♡

紅茶、、、ブルーベリー紅茶ってあるから、ブルーベリーでもできそう?

我が家の庭のブルーベリー、もう少しあるので復習もかねて作ってみようかなぁconfident

2016年8月18日 (木)

英国旅行④:3日目(湖水地方へ)

 朝、前日と同じおいしい朝食をいただいて、タクシーでCheltenhamspa駅まで。

イギリス来て初めての電車。

ブリットレイルパスを窓口でヴァリデーションしてもらって改札入ると、駅員さんが‘どこまで行くんだい?そうかい、それならあっちのホームだからまっすぐ行って下ればいいよ’みたいな感じでとっても親切でした^^。

グラスゴー行の電車に乗ってバーミンガムで乗り換え、湖水地方入り口になるオクセンホルムまで行き、そこから目的地のWindermereへ。

最後の電車は小さな2両編成なので湖水地方に入る人たちで満員でした。

8時半にB&B出て13時前のようやくの到着。

Windermereは静かな町だと思っていたのだけど、人は多いし車も多いし、湖ではレジャーボート走ってるし、なんか・・・河口湖^^?

駅近くのなぜかアメリカンな雰囲気のカフェでボリュームたっぷりのハンバーガーで腹ごしらえしてから、すぐそばのオレストヘッドという見晴らしのいい丘へ。

駅前から出ているちょっとした小道を15分くらい登ったところです。

Dscn8691
道端にはラズベリーやブラックベリーがモリモリ。

Dscn8693
ちょっと早いらしいけれど、たまに赤く熟したのを見付けては摘んで食べて^^。おいしい散歩♪

それから、100年くらいだったかなぁ・・・看板写真撮っておけばよかったなぁ・・・よく見かける牧草地の仕切の石積み、それくらい古いものらしかったです。 (↓ベンチの後ろも石垣。その向こうは放牧地)

Dscn86901
別荘のようなところを抜けて樹林帯を抜けたら、360℃見渡せる丘に到着。

Dscn8677
お天気はあいにくのドンヨリcloud

でも、湖があって小高い丘のような山が連なって、樹林帯があって、緑の放牧地が広がって、、、。

Dscn8682
よ~く見ると牧草地には白い小さな点々が見えて、それはヤギか羊^^。 (↑見えないか^^;)

あぁ、これが湖水地方なのねぇ。。。という景色が広がっていました(*^^*)。

 しばらく景色を楽しんで下山、チェックインのできる時間にもなっていたので駅前でスーツケースを引き取ってコロコロ4,5分先のマナーハウスへ。

Dscn8724 Dscn8726
大きなシダの木があるこじんまりしたところです。

Dscn8727
↑遠くの小高い山の見える景色のいいお部屋にしていたけど、低い雲がかかってて・・・残念orz。

お夕飯は町中の中華へ^^;。

ちょっとボリューミーな洋食に疲れてきていてsweat01

ここの中華、店員さんがとっても感じがいいし、細かいサービスも気持ちいいし(フィンガーボウルも取り替えてくれるし、ウェットティッシュは出してくれるし、お茶もまめに見に来てくれる^^)、味も悪くないし、ただやっぱり日本に比べたら量が3、4人分あるよね?くらいに出てきましたが^^;、でもなかなか気に入り、翌日出合った日本人学生2人組におすすめしたくらいでした。

そして、この日も父にメールを書いて就寝。

(父からは、相変わらず暑い毎日で寒いくらいとは羨ましい、オリンピックのメダルの話などが届いていました)

2016年8月17日 (水)

英国旅行③:2日目コッツウォルズ(Tedbury,CastleComb、Bibury)

 HighgroveGardenで2時間ツアー終了。

お昼をHighgroveで食べるか悩んでいたけど優雅に食べていたら時間がなくなっちゃう?と予約をせず、Tedburyの街へ戻り、カフェを見付けてサンドイッチなど食べてちょっとだけ散策。

Dscn8617Dscn8615Dscn8616


 あとで思えば、この辺りクロテッドクリームがおいしいらしかったので、ここでクリームティを食べるべきだったなぁ・・・(;;)。後の祭りですorz。

 Tedburyを後にCastleCombへ。

Dscn8633
ここはバスが入らないからか、コッツウォルズの中でも一番南に外れているからか、ツアーではなかなか行かないところらしいこともあったし、静かで一番コッツウォルズらしいところともあったのでぜひ行きたかった村です。

Dscn8645

Dscn8635 Dscn8640
Dscn8620
村はずれの駐車場に車を停めて5分くらい歩いて村の中に入りました。

教会に入ったりしても15分~20分もあれば見て回れるほどの小さな村。

その通り、観光客もまばら、観光客相手のお店もほとんどなくて静かで美しくてほんとによい村でした(*^^*)heart04

 Castlecombのあとは車をすっ飛ばして^^;、滞在中のCilencesterを超えてBiburyへ。

Dscn8656
Dscn8663
Biburyは・・・車が多い、観光バスが多い、、、よって観光客(特に中国人)がワンサカsweat01

(写真は出来るだけ人が入らないようなところで撮ってみた^^;)

建物は古くとってもいい雰囲気なんだけど・・・・。

主人‘ここはイギリスの大内宿、白川郷だね・・・’sweat02

ゆっくり見て回る気になれず早々に後にしたのでした^^;。

英国旅行②:2日目コッツウォルズ(HighgroveGarden)

 朝7時半に食堂へ行くと、壁際にコンチネンタルブレックファストが用意してあり、それ以外にイギリスに来たからには!とイングリッシュブレックファストをオーダー♪

Img_0801早速、楽しみにしていたイチゴ、大きなラズベリー、ブラックベリー、それに濃厚でネットリしたヨーグルトを♡

それから奥さんがひとつひとつ皮を剥いてくれたらしいオレンジ類をシナモンで和えたもの、他にも見るからにしぼりたてのジュース。

Img_0799
う~んheart04 これよ、これheart04

旅が終わった今、一番おいしくてまた食べたいものはコレheart04と言えるほどおいしかったです(*^^*)。ホームメードマーマレードもheart04

Img_0804
もちろん、奥さんが作ってくださったイングリッシュブレックファストもとってもおいしかったですheart04 ただ私には量が多くて、翌日は少な目にしてもらいました^^。

 8時半近く、朝ご飯準備していらっしゃるというのに、ご主人にレンタカー屋さんまで車で送っていただき、予約していたレンタカーの手続きして出発

ipadで最初の目的地HighgroveGardenまでナビ^^。

便利だねぇ~。

ちゃんと日本語でラウンドアバウト(サークル状の交差点)のいくつめをナンタラストリートに左折とかって案内してくれます。

ただ、コッツウォルズの田舎道、どんなにノンビリと気持ちのいいドライブができることかと楽しみにしていたのですが、一車線の細い道だというのにみんな飛ばす飛ばす@@;。

○マイルの表示があったらそのスピードで走らなくちゃならないの???

田舎道だというのに70キロくらいだし、村に入るからスピード落としても50キロくらい。

ちょっとゆっくり走っていようものなら、後にピタっと付かれるのは当たり前、ビュンと飛ばしてびゅ~っと追い越されていきます^^;。

そんなわけで、全然気の抜けないドライブでしたwobbly

 そんなこんなでTedbury近くのHighgroveGarden到着。

ここはチャールズ皇太子のお庭。

そういうことで、入り口でパスポートと数か月前に送られてきていたチケットと合わせてチェックを受けてから敷地内に入りました。

1回のツアーは30名弱なんだけど、ほぼ年配の夫婦^^;。

そうなんだね、そういうものなのね・・・coldsweats01

ネクタイをしてスーツを着たオシャレな紳士(う~ん名前は忘れてしまった)が案内役、最初にチャールズ皇太子の参加者に向けての挨拶ビデオを見て、それからお庭ツアーに出発です。

リンゴや洋梨の木のお庭、日本から送られた大きな壺のある庭、多分そう言ったのだと思うのだけどお孫さんのために象の形に整え育てようとしている木のある庭、それから・・・水色に塗られた長椅子のあるお庭、ウエディングケーキに見立てて剪定した木々のあるお庭、お屋敷正面のお庭、藤の花やバラの花がまとわりついた^^?お屋敷、、、春には野の花のお花畑になるお庭、それから動物に荒されないように高いレンガ塀で囲われてリンゴの木のアーチのあるキッチンガーデン、、、それからジョージ王子のためのツリーハウス、、、エキゾチックな大きな噴水のあるお庭、、、などなど。

ここ、写真等一切NGなので見た記憶だけ^^;。

案内のおじ様のガイドが聞こえる時もあれば聞こえない時もあるし、もちろん訳が追いつけず???になることもしょっちゅう、、、coldsweats01

まぁ、でも、facebookで見ていいな、いいな♡と思っていたお庭に足を踏み入れられただけで十分なのでした。(*^^*)

英国旅行①:1日目(コッツウォルズへ)

 半年も前から準備を始めた英国旅行、先日行ってきました。

6泊8日、あっという間^^。

行きたいと思っていたコッツウォルズ、湖水地方を無理やり詰め込んだ旅ですcoldsweats01

***

 1日目:コッツウォルズ Cilencester へ

昼過ぎHeathrow空港着、入国審査は前回厳しかったので覚悟していたけど夫婦2人だったことや宿泊がホテルだったこともあってかニコニコでたいしたことも聞かれず最後には‘Have a nice holiday♪’って。ホッ^^。

荷物受け取ってセントラルバスセンターまで移動。

バスセンターは第2、第3ターミナル。

到着は第5ターミナルだったので、地下鉄でお金払って乗るのかと思っていたら、案内を見ると無料で行けるらしい。

地下鉄だと思い込んでいるので地下鉄の乗り場まで行ったらタダで入れそうにない^^;。

案内のお兄さんに聞いたら地下鉄じゃなくてヒースローエクスプレスだという。

ヒースローエクスプレスって高いでしょ?タダじゃないでしょ?と言ったらそれがタダとのこと♡。

で、またスーツケース転がして上に行ったり下に行ったり、、、なんてやってようやくバスセンターまで。

入国審査が早く済んでよかったなんて思っていたのに、この移動に時間がかかってしまってバスセンター到着は出発の30分前でしたsweat01

そして、長距離バスのcoachに。

乗ってみたらほぼ満席@@! 予約しといてよかった~^^。

空港からの高速は途中で事故や工事であちこち渋滞していて、予定時間よりも1時間近く遅い到着になってしまいました(;;)。

Dscn8570バス停からすぐのB&Bに行くと、オーナーのポールさんと奥さんがニコニコ迎えてくださり、お部屋の案内してくださった後は早速英会話の先生に言われて覚悟していた^^;チャット。

フライトはどうだったか、ここまでの道路は渋滞していたんでしょ?や、レストランはどこ辺りにあるよ、翌朝のご飯の時間は、明日の予定は?など。

なんとか通じていたらしく^^;、明日の予定の中でレンタカーを借りることを話したらレンタカー屋さんまで送ってくれるってことにもなりました^^v。 いいオーナーさんだ~♪

 時間ももう19時過ぎていたのでまだ日の落ちない明るい町中に出て行き、あっち?こっち?どこで食べる?とウロウロしながらようやく1軒のお店へ。

イギリス料理のお店でした。

主人はステーキ、私はチキンソテー。

主人のステーキはそれほどでもないけど、私のチキンは骨付きが2本。

こんなに要らない・・・とぼやきながら^^;食べました。

寝る前に‘無事に着いたよ’メールを父に送って寝たのでした。

***

Dscn8604
泊まったB&Bはアイビーの葉っぱの絡まるステキな建物。お部屋は4つくらい?ツインのお部屋がよかったけど3月の時点でとれず、でも場所がよかったし、オーナーさんがすごくいいとあったのでダブルでもヨシとしました。

交差点にところにあるのだけどそのコーナーには大きな桜の木があって春には真っ白い桜が咲き誇るのだそうです。

実もなるけど小鳥が全部ついばんでってしまうのだそう^^。

Dscn8577_2Cilencesterの街の中心あたりに教会。

ちょうど周りは工事中^^;。

思ったよりもずっと小さい町で、街そのものは夕方しか歩いていないからかもだけど静かで、6時を回ったらほとんどのお店がしまってしまい、歩いている人もまばらでした。

2016年8月 6日 (土)

盛夏。

 8月に入って1週間、とりあえず仕事は一区切り^^。

それと同時に真っ青な空がやってきて、朝は4時過ぎにはセミの声で目が覚め・・・ウルサイ・・・sweat01

先週あたりから時々シュワシュワシュワ・・・とクマゼミ、昨日今日あたりからはツクツクボウシも啼きはじめています。

今、夜10時を過ぎていますが、まだセミも鳴いてるし、虫の声も賑やかnight

Dscn8595 今朝はふと庭に眼をやると真っ赤な彼岸花が咲いていました。

早いわ~^^;。

Dscn8597
それから、‘これ、月見草だよね???’と信じて抜かずにいた雑草みたいなのはやっぱり月見草で、ようやく先週あたりから咲き始めています。

Dscn8601
そして、濡れ縁の端っこで、椅子のフチで、草花の葉っぱの先で、木々の先で、あちこちにセミの抜け殻^^。

 夏がやってきたねぇ。。。とシミジミ感じる今日この頃なのでした(*^^*)。

2016年8月 2日 (火)

ブルーベリーチーズタルト♪

 7月もあっという間に終わってしまいました~sweat01

バタバタ過ごす間にも庭のブルーベリーは7月終わり頃より収穫時期を迎え、主人が時々プチ畑のミニトマトと共に少しづつ摘んでくれていました。

数日かけて小さなボウルにいっぱいになったブルーベリー。

まずは恒例のチーズタルト♪

Dscn8568
タルト生地は前の晩に作って一晩寝かせて、朝涼しいうちに伸ばしてオーブンへ。

フィリングのレアチーズはかれこれ25、6年前から同じレシピ。

当時在籍していた研究室の先生のレシピで、DOFOのクリームチーズを使うのがこだわり。それで、作る前になるとデパ地下に探しに行ったものでした。

あの先生、あの頃は意地悪で^^;すご~く怖かったけれど、どうされているのかしら・・・なんて、これ作るたびに思い出します。

さて、今はDOFOのブロックのプレーンクリームチーズは手に入らないので、今回は冷凍庫で眠っていた町村農場のクリームチーズで。

クリームチーズって冷凍して解凍すると少々水が出るみたいwobbly

でも、その水を切って裏ごしをしたら何だかギュッと凝縮されてさらに美味しくなったような気がするのは気のせいかな^^。

ブルーベリーを一面に並べて、真ん中に庭の隅でひっそりなっていたブッラクベリー1号を♪ (5粒なっていてそのうちの1つが黒くなったからと摘んだのだけど食べた主人‘すっぺ~~~bearing’と絶叫してましたcoldsweats01。)

Dscn8566 Dscn85871

久しぶりの恒例のタルト、う~ん、美味しかった~happy01heart04

2016年7月27日 (水)

あれやこれや、、、忙しく過ごしています

 7月も終わりに近づいてきました。

1日1日、1週間もあっという間に過ぎていきます。

仕事も夏休み前にもうひと息。

旅行の準備もまだまだ。

英語の勉強もボチボチ。

ということで、私の机の上は3つの山coldsweats01

そこへ来て、今朝は私には重荷すぎる仕事の依頼が入り、押されて一度は引き受けたものの、冷静に考えたら「ムリ!」と5分後^^;にはお断りの連絡を入れたのだけど連絡付かず、しばらくしてメールを見たら、いやいやさっきの話が転がり始めてる!!!と焦ってさらにその上の担当者に連絡入れてみたのだけど、どうなるかなぁ・・・orz。

春からせっかく仕事を減らしたのに、これを引き受けたらこの夏以降はとんでもないことになってしまいます・・・。

受けられない・・・受けられません・・・(;;)。

***

 先日は月一の和菓子教室へ。

Dscn8505
Dscn8509今月はまたまた私の大好きな麩まんじゅうheart04

以前のお教室で一度作った記憶があるのだけど、こうだったかなぁ~sweat01と以前の記憶は全く戻らず^^;。

とにもかくにも、青のりとヨモギの2種類の麩まんじゅうができました(*^^*)。

上生菓子はこれまたかわいいheart04 

金魚heart04

Dscn8499
それから、グレープフルーツ羹♪

Dscn8515
爽やか~で、夏にピッタリのお菓子♡

Dscn8529甘さも硬さもちょうどよくペロッといただいてしまいましたdelicious

» 続きを読む

«桃を買いに。。。